音声での入出力

PC操作

機能追加する利点

社内で利用するシステムにおいて、従来のシステムではパソコンのキーボードで入力したり、タッチパネルでの入力がほとんどであった。また、入力された内容についてもディスプレイ上で実際に見ながら確認することが通常である。これらの社内システムにおいて、近年の流れとしてあるのが音声機能追加を行うということがある。これまでのシステムをそのまま活用しながら、入力手段として音声機能追加を行ったり、入力されているデータを音声機能追加により音声で確認できるなどの機能追加である。音声機能追加では、これまでは認識率が悪く誤認が多くなっていた。それにより、実際の業務で活用するには無理な状況となっていた。また、音声読み上げなどについても、発音が不自然で聞き取りにくいなど業務利用では活用が難しくなっていた。しかし、最近では音声機能の技術向上により、入力も出力も精度高く行えるようになってきている。これらの流れの中から、業務システムにおいて音声機能追加を行うケースが増えてきている。音声入力機能を追加することで、発声するだけで入力できるなど業務効率が上がる可能性がある。また、自動音声による読み上げにより、それらを行う人件費削減などにつなげることも可能になる。自動音声での読み上げでは、入力された内容を読み上げさせることができるため、どのようなシーンにおいても活用できるようになる。また、近年では人工知能と連動させるなどのケースも増えてきている。

Copyright© 2018 チャットアプリをビジネスで活用する【使いやすさなどを確かめる】 All Rights Reserved.