コミュニケーションツール

チャット

チャット利用

社内でのコミュニケーションツールとして活用が広がっているものに、チャットアプリがある。チャットアプリは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどにインストールし、社員間のコミュニケーションツールとして活用されてきている。メールや電話などの活用と合わせてチャットアプリを活用することで、コミュニケーション手段を増やすことができ、状況に応じて向いている方法を選択することが可能になる。メールでは相手の状況などを気にせず送ることができるが、電話では相手の作業などに割り込んでしまう。しかし、電話は直接話を聞くことができより効率的にコミュニケーションがとれる。チャットアプリでは、メールと電話の中間的な位置付けとして活用されることが多い。チャットアプリを企業で導入する場合、アプリによっては無償で提供されているものを活用できる可能性がある。また、社内で利用するユーザ数などに応じ料金が発生するものなどもある。無償で利用できるものでは機能が制限されているものや、選択肢が狭まることがある。これに対し、有償のチャットアプリでは機能が豊富であることや、多くの種類の中からその会社に向いているものを選べる可能性がある。チャットアプリでは、文字でのやり取りの他、音声や映像を通してのやり取りができるものなど様々なものがある。また、導入についてもアプリをインストールするだけなど簡易的に導入できるものが多く利用しやすくなっている。

Copyright© 2018 チャットアプリをビジネスで活用する【使いやすさなどを確かめる】 All Rights Reserved.